病院の管理薬剤師の転職で理想の求人を見つけよう♪

高収入な求人が豊富な病院の管理薬剤師!

病院の管理薬剤師とは

現在、病院・または医師が常時3人以上勤務する診療所には原則として薬剤師を置かなければいけない事になっています。

 

これは医療法の第18条によるものです。

 

病院にとって必要となる薬剤師の数は、外来患者と入院患者に係る取り扱い処方箋数によって決められています。

 

医療法が制定された第2次世界大戦後すぐの日本では、医療施設・医療の従事者が足りなかった為、増強が急務となっていました。

 

ですが、現在においては、その目的も達成された状態にあり、むしろ過剰と言うべき状態となっています。

 

そのため昨今では量より質が問われる時代になってきたと言えるでしょう。

 

今後、目指すべき医療提供体制の姿は@患者主体の医療、A効率的な医療提供体制、の二つにまとめられます。

 

患者主体の医療という考え方については、医療法の中でも理念として挙げられています。

 

また、医療の担い手は、医療を提供するに当たっては適切な説明を行い、患者の理解を得るようにもとめています。

 

なお、薬剤師は、医師や歯科医師や看護師と共に、「医療の担い手」として位置づけられています。

 

薬物療法に関して、患者が主体的に取り組むように薬剤師が介在することを「ファーマシューティカルケア」と呼んでいて、薬剤師の今後の役割として期待されているのです。

 

ちなみに、病院と呼ばれる施設は、20人以上の患者を入院させることが出来る施設があるところでです。

 

また、19人以下の患者さんを入院可能な施設または、入院施設が無い所を診療所と呼びます。

 

入院施設がある診療所を有床診療所、無い所を無床診療所と呼びます。

 

他に、病院では必要な設備が定められており、給食など業務委託で可能なものもあるのですが、調剤については認められていないので、調剤所は必ず無ければいけません。

 

そのため、どうしても管理薬剤師が必要となるわけです。

 

病院の管理薬剤師の求人をお探しの方は、エムスリーキャリアで探して頂ければ求人が見つかりやすいです。