管理薬剤師の求人を福井で探すなら、オススメはココ♪

福井の「管理薬剤師」を探すなら、見ないと損しますよ!

福井の管理薬剤師転職・求人コラム

転職で成功する人は、転職サイトを上手く活用できる人です。

 

管理薬剤師の転職に際して、年収アップや、キャリアアップなどを目指す方の多くは転職サイトを活用するでしょう。
しかし、単に大手や知名度だけの1サイトでは他サイトの非公開求人の見落としも多く、各サイトが提供しているサービスを活用出来ているとは言えません。
担当コンサルタントとの相性が合わないだけで、貴方の転職先が変わってしまうのは不本意ですよね。
3サイト程度は登録して多角的に転職活動を進めることが合理的です。
一切費用を払わずに転職しただけで10万円の祝い金を貰えるサービスもあったりします。

 

 

福井県は、人口およそ80万人と、全国で43番目と少なく、下から5番目の数の県です。

 

福井県民は1世帯当たりの貯蓄金残高がNo1の堅実な県民性がある県として有名ですね。

 

さて、そんな福井県には薬局が244施設と、全国で最下位の数しかありません。(2009年データ)

 

また県民1万人あたりの薬局数も3.03施設と全国で一番低い割合しか無い結果が出ています。

 

ちなみに全国の平均値は、薬局数1141施設で1万人あたりの数が4.29施設あるのが平均です。

 

これだけを見るとなんとも、薬剤師としての転職が難しそうに感じる方も多いかもしれませんね。

 

では、福井県内に薬剤師さんはどれくらいの数がいらっしゃるのでしょうか。

 

福井県には人口10万人当たり117.1人の薬剤師さんがいるそうです。

 

これは厚生労働省が出している「人口10万対薬局・医療施設従事薬剤師数」という調査結果に基づくもので、全国の平均としては10万人当たり154.3人となっております。(2010/10データ)

 

つまり、福井県では、薬局数や、人口当たりの薬局の割合が少ないとはいうものの、人口あたりの薬剤師さんの割合自体も低く、単純な数の計算では、一概に転職しやすいとも、転職しづらいともいえないという事が言えるでしょう。

 

福井県内で転職するには管理薬剤師さん第一の転職先となる薬局や、それに次ぐ病院などを詳しく見てみる必要があるでしょう。

 

以下では、福井県内の病院や薬局についてご紹介致します。

 

福井県内では福井市の人口が圧倒的に多く、26万人を超える県庁所在地となっています。

 

福井市内には大きな病院も多く福井県立病院は福井県内で一番病床数の多い総合病院で、アクセスはえちぜん鉄道の福井口駅から向かうか、コミュニティバスや京福バスを使うと便利です。

 

福井赤十字病院は、JR福井駅前より福武線赤十字前駅を降りてすぐです。

 

福井県済生会病院は、口コミ人気も高い病院で、アクセスはJR福井駅より車で10分、福井総合病院は、JR福井駅でえちぜん鉄道の三国芦原線に乗tって、新田塚駅で下車(所要時間15分)後、すぐに福井総合クリニック。福井総合クリニックよりシャトルバスが運行されてます。(所要時間約17分)

 

福井市からは、人口的には大きくはなされますが、坂井市が次に大きく、病院としては春江病院が有名です。
アクセスは、JR北陸本線の春江駅下車徒歩10分で、京福バスや、ぐるっと坂井コミュニティバスなどでも行けます。

 

越前市では、林病院が大きく、JR武生駅から徒歩約2分 、福井鉄道越前武生駅から徒歩約5分です。
中村病院が、福井鉄道福武線武生駅から徒歩13分、JR武生駅から徒歩10分のところにあります。

 

越前市、敦賀市、鯖江市、大野市、小浜市、あわら市、勝山市となっています。

 

小浜市では、杉田玄白記念公立小浜病院がJR小浜線、小浜駅から徒歩3分にあります。

 

敦賀市では、市立敦賀病院が敦賀駅から車で約10分となっています。

 

勝山市では福井社会保険病院が大きく、アクセスは、JR福井駅、えちぜん鉄道勝山・永平寺線に乗り換え、終点勝山駅で下車となっています。
鯖江市では、公立丹南病院が有名で中央線JR鯖江駅、神明駅(福武線)のいずれかから、公立丹南病院のバスが出ています。

 

薬局としてはゲンキーや、カドノ薬局、クスリのアオキ、V・drug、ベルベル薬局などが多くあるようです。

 

上記の病院や薬局での求人をお探しでしたら、エムスリーキャリアをが見つかりやすいのでオススメしているサイトで、利用は無料ですので、よろしければ利用してみて下さい。

 

福井県では公共交通機関からアクセスしにくい求人も多く、自動車通勤が可能であったり、住宅手当や支援を出してくれる求人も確保されています。