管理薬剤師の求人を福島で探すなら、オススメはココ♪

福島の「管理薬剤師」を探すなら、見ないと損しますよ!

福島の管理薬剤師転職・求人コラム

今後の人生は、良い求人の選択に掛かっています。

 

多くの管理薬剤師の方が年収アップや、職場の待遇面で転職を考えていらっしゃいますが、単にネットで探しているだけで、理想の求人を見つけられるという方は少ないのが現状です。
皆が勤めたいと思う職場の求人は往々にして非公開求人なのです。
以下に、多くの非公開求人を抱えているものをリストアップしております。
しかし、各社非公開求人の種類が違うため、最低でも3社は見比べる事が重要です。
以下のサイトは全て完全無料で利用出来るので、各社の非公開求人を見比べてみてください。

 

 

福島県の管理薬剤師の現状について考えるには、まず厚生労働省の調査結果が役立ちます。

 

厚生労働省の調査結果とは「人口10万対薬局・医療施設従事薬剤師数の年次推移,従業地による都道府県−指定都市・特別区・中核市(再掲)別」というもので、2年毎に発表されているものです。

 

これによると日本の薬剤師(薬局・医療施設従事)は10万人あたり、154.3人です。
福島県内だけで見ると、135.9人と割合が全国平均より非常に少ないという事がわかります。

 

では福島県内では、人口当たりの薬剤師比が少ないから、よい求人にも当たりやすいと一概に言えるのでしょうか?

 

薬剤師の方が就く職業というのは、かなり多種多様なため、一概に言うことは難しいのですが、圧倒的に多い就職先として「薬局」があります。

 

具体的に福島県内ではマツモトキヨシやXiasisなどのチェーンのドラッグストアを含め、ハート調剤薬局や、アイランド薬局。
他には、さくら薬局や、ひかり薬局、ダイコクドラッグ、サンドラッグ、コクミンドラッグなどがあります。
特にハシドラッグなどは福島北部では定番の薬局となっているようです。

 

薬局数ランキングの調査によると2009年のデータですが、日本の薬局数都道府県の平均は一県あたり1,141施設です。
これに比べて福島県はどれくらいの数があるかというと874施設で17番目に多い県のようです。

 

平均よりは少ないのですが、東京都の6,008施設などが平均値を一気に押し上げているので、福島県としては、平均よりは下ではあるものの、47都道府県中では、17番目と真ん中より多い結果となっております。

 

また、同様のデータで人口1万人あたりの薬局数というデータがあります。
これによると、全国平均では日本人1万人あたり薬局数は、4.29施設あるそうです。

 

福島県はどうかというと4.31施設とほぼ平均値の値となっています。

 

まとめると人口あたりの薬剤師比率は少なく、人口あたりの薬局数は平均並み、薬局数はやや多めと分かります。
この結果をみると福島県は他の県との比較では、転職がしやすい県である可能性が高いです。

 

特に東京などの薬剤師比率が非常に高いところは就職が難しくなってきているので、福島県で管理薬剤師の転職を考えるのは良い条件の求人が見つかりやすいと言えるでしょう。

 

福島県は、人口1,988,995人と日本で20番目に人口の多い県です。
県内の街としては、いわき市が34万人を超える大きな街です。
またそれに続いて郡山市が33万人、福島市が29万人で、少し離れて会津若松市が12万人という形になっています。

 

病院としては郡山市の太田綜合病院附属太田西ノ内病院や、太田熱海病院、会津若松市の竹田綜合病院、会津中央病院
いわき市のいわき市立総合磐城共立病院などが福島県内で大きな総合病院です。

 

上記よりは若干規模が小さくなりますが、郡山市にある星総合病院、総合南東北病院、針生ヶ丘病院や、福島市にある大原綜合病院、白河市にある白河厚生総合病院などが大きめの病院です。

 

上記の病院や薬局については、エムスリーキャリアで探して頂くと一番求人が見つかりやすいのでオススメします。

 

よろしければ探してみて下さい。