管理薬剤師の求人を岐阜で探すなら、オススメはココ♪

岐阜の「管理薬剤師」を探すなら、見ないと損しますよ!

岐阜の管理薬剤師転職・求人コラム

転職での求人選びは、後の人生に大きく影響します。

 

単にインターネットの検索でヒットした求人しか見ていないと良い求人を見逃す可能性が非常に高いです。
転職サイトは非公開求人を抱えている所が多く、登録者しか見れない非公開求人の情報を如何に掴むかが転職や今後の人生を左右してきます。

 

以下に完全無料で利用できて、非公開求人を多く保有するサイトを紹介しております。
各サイトによって同じ職場でも年収等の待遇が若干異なったりする事があります。
また、各サイトは別々の非公開求人を抱えている場合が多いので、最低でも3サイトくらいは無料登録して求人を比べるようにして下さい。

 

 

薬局・医療施設(病院や診療所)に従事する人「人口10万対薬剤師の人数」という厚生労働省発表の調査結果によると、10万人あたりの薬剤師数は154.3人というのが全国平均だそうです。
(これは平成22年度のデータです。)

 

では、岐阜県における薬剤師の数はどれくらいなのか調べてみましょう。

 

それによって、岐阜県は薬剤師の転職に有利な環境なのか、または不利な環境なのかが見えてきます。

 

 

ちなみに岐阜県は人口が2,073,333人で全国第17位と日本全国の中で平均的な規模の県といえます。
(こちらは2012年10月のデータです)

 

さらに、上記の厚生労働省のデータによると、岐阜県における10万人あたりの薬剤師数(薬局・医療施設に従事)は、135.5人と全国平均をかなり下回っているようです。

 

薬局の数は全国と比較してどうかというと、岐阜県内に954施設あり、こちらも全国平均の1141施設をやや下回っています。

 

しかし、岐阜県民1万人あたりの薬局施設数の割合はというと1万人あたり4.58施設あり、全国平均の4.29施設をやや上回った15位という数値です。
(2009年調べ)

 

このデータから言えることは、岐阜県は人口あたりの薬剤師の比率が少ない割りに薬局の数はそれほど少なくなく、
さらには、人口対薬局で見ると施設数は多いので、他の地域と比較すると管理薬剤師の買い手市場となりやすい地域だということが言えるでしょう。

 

では、次に岐阜県内の主要な街と県内で大きな病院、薬局をご紹介します。

 

 

まず岐阜県の県庁所在地である岐阜市は岐阜県内でも一番大きな街で、その人口は40万人を超えています。

 

それに続くのが大垣市や各務原市、多治見市で、その人口はおよそ10万人から15万人、それに可児市や高山市、関市あたりが続きます。

 

病院は岐阜市の岐阜病院、岐阜県総合医療センターをはじめ、多治見市の岐阜県立多治見病院、中津川市の国保坂下病院、大垣市の大垣徳州会病院などが大きな総合病院です。

 

また、薬局では岐阜薬局や、Zip(ジップ)ドラッグ、またゲンキーや、Xiasis、ドラッグユタカ、ジャスミン薬局等が多くあるようです。

 

 

もし、上記の薬局や病院で気になる職場がありましたら、エムスリーキャリアの非公開求人を探してみて下さい。
隠れた求人が見つかる可能性が高めのサイトです。

 

では、よりよい求人が見つかることをお祈り申し上げます。