管理薬剤師の求人を群馬で探すなら、オススメはココ♪

群馬の「管理薬剤師」を探すなら、見ないと損しますよ!

群馬の管理薬剤師転職・求人コラム

管理薬剤師の転職は非公開求人の情報取得が命です。

 

管理薬剤師の求人は、インターネットで検索すれば沢山出てくると思いますが、実際に年収アップなどを目指す人が欲しい求人というのは出てきません。
それは何故かと言うと、転職支援サイトは非公開求人を抱えており、登録者しか見れない為です。

 

また、各転職サイトごとに扱っている求人が若干違います。

 

それならば、完全無料で利用できて、なおかつ非公開求人を大量に抱えているサイトを上から順に見ていけば取りこぼし無く、自分の理想の求人を見つけることが出来るということです。
というわけで、以下に優良サイトをピックアップしておりますので3つくらいは登録して見比べてみて下さい。

 

 

平成22年のデータで、薬局・医療施設(病院や診療所)に従事する人「人口10万対薬剤師の人数」は154.3人と厚生労働省からの数値が出ています。

 

これが一体何の数値かと平たく言うと、人口10万人あたり薬剤師は154.3人いるということです。(日本全体の平均で)

 

それならば、群馬県内における薬剤師の比率は一体どれくらいなのでしょうか?

 

上記の資料を見てみると群馬県は、県民10万人に対して129.5人と全国平均からすると圧倒的に割合が少ないことが分かります。

 

このデータだけを見ると群馬県は薬剤師の比率が少ないので、薬剤師の売り手市場で良い求人を見つけやすい地域のようにも感じますね。

 

では、管理薬剤師の転職において就職先比率が一番高い薬局にスポットを当てて見てみましょう。

 

日本の47都道府県の薬局数は平均で一県あたり1,141施設あるそうです。(2009年のデータです)

 

これと比較すると群馬県は763施設と少なく全国第28位です。

 

また、群馬県民1万人あたりの薬局数は3.80施設(人口あたりの薬局比率)で、全国平均の4.29施設を圧倒的に下回り第38位の結果です。
つまり群馬県は、県民人口のわりに薬剤師人口は少ないのですが、それと比例して薬局の数も少ないというのが現状のようです。

 

ちなみに群馬県は2012/10の時点で2,000,876人と人口は全国第18位です。

 

そのなかで主要な街としては県庁所在地の前橋市も大きいのですが、高崎市の方が人口の規模も大きいようです。

 

そして太田市や伊勢崎市も人口20万人規模で群馬県内で大きめの街です。

 

メジャーな総合病院としては前橋市の群馬大学医学部附属病院や、前橋赤十字病院。

 

他には富岡の西毛病院、伊勢崎市の伊勢崎市民病院、高崎市の(医)山崎会サンピエール病院、桐生市の桐生厚生総合病院などが大きな病院です。

 

薬局はというとカワチ、マツモトキヨシ、ウェルシア、ドラッグセイムス、マルエドラッグ、ジャストドラッグなどのチェーンのドラッグストアが多いのが印象的です。

 

上記で挙げた病院や薬局ですと、エムスリーキャリアのサイトで探して頂ければよい求人が見つかる可能性が高いです。