管理薬剤師の求人を宮城で探すなら、オススメはココ♪

宮城の「管理薬剤師」を探すなら、見ないと損しますよ!

宮城の管理薬剤師転職・求人コラム

転職とは人生を変える重要な選択です。

 

ネットで管理薬剤師の転職に関するサイトを探して求人数を見ると600件前後の求人を保有するサイトが多いようですが、インターネットで年収800万円以上、土日祝休み等の皆が求めるような求人は簡単には見つからないでしょう。
もし見つかったとしたら、非公開求人を探せばもっと良い条件の求人のある可能性があります。
なぜなら、転職支援サイトのほとんどが、ネットで見つかるような所には優良求人を出していないからです。
この情報を上手く掴んだ人が年収アップ・キャリアアップや、福利厚生のしっかりした職場で働くことが出来、知らない人は同じような職場への転職を繰り返します。
管理薬剤師の転職で外す事の出来ない優良サイトを以下にご紹介しています。
全て無料で利用出来るもので、非公開の求人を抱えていますので、是非一度確認してみて下さい。

 

 

宮城県内の薬剤師の転職状況は、仙台市とその他の地域で二極化している傾向にあります。

 

これは厚生労働省の「人口10万対薬局・医療施設従事薬剤師数」という統計から読み取ることが出来ます。

 

全国平均では10万人あたりの薬剤師の人数は平成22年の調査で154.3人となっていますが、これに対して宮城県は154.5人と、ほぼ平均的な割合で薬剤師の方が在住していることが分かります。

 

しかし、これを仙台市単独で調査してみると181.7人と圧倒的に比率が高くなります。

 

つまり宮城県内における仙台市の人口集中度以上に、薬剤師の方が集中しているという事が分かります。

 

そのため、仙台市では薬剤師があふれていても、郊外であれば待遇の良い求人があるといったケースがあるようです。

 

 

宮城県では、県内の薬局の数は1,097施設あり、全国で13位と順位的には高いほうですが、単純な平均値である1,141施設と比較するとやや少ないという結果が出ています。

 

東北地方では人口の多い県という印象の方も多いようですが、宮城県の人口は2012年のデータで2,323,224人となっており、全国の単純平均(総人口/都道府県数)2,719,225人から比較すると予想以上に少ない県という結果になっています。

 

そのため、人口1万人あたりの薬局数は全国平均の4.29施設に対して、宮城県は4.67施設と順位は全国第13位ながら高い数値となっています。

 

特に宮城県ではマツモトキヨシやトモズだけでなく、ダイコクドラッグ、マリーン調剤薬局、UniLife、アインズ&トルペ、サンドラッグといった薬局・ドラッグストアが多く出店しているので、見かける方も沢山いらっしゃるかと思います。

 

つまり、薬局数は多いのに、薬剤師の人口比率は全国平均と変わらない為、他の県と比較すると需要は必然的に高くなります。

 

よって非公開求人を探せば他府県以上に良い求人が見つかる可能性が高いのです。

 

宮城県で管理薬剤師での転職を考えているものの、詳しく地域情報が分からないという方は、下に宮城県内の街や病院について記載しておりますので、
よろしければ参照下さい。

 

エムスリーキャリアで非公開求人を探して頂ければ、以下の多くの地域でヒットするはずです。

 

宮城県といえばやはり大きな都市は仙台市です。
仙台市内は、青葉区をはじめ宮城野区や、若林区、太白区、泉区と5区あります。

 

その他の地域としては、石巻市や大崎市が人口で10万人を越える街となっています。
また、登米市や、栗原市、気仙沼市も人口8万人前後とやや大きめの街です。

 

宮城県内では、青葉区の東北労災病院や、大崎市のすずき脳神経外科クリニック、泉区の仙台徳州会病院、青葉区の仙台社会保険病院などが大きめの総合病院です。