管理薬剤師の求人を長野で探すなら、オススメはココ♪

長野の「管理薬剤師」を探すなら、見ないと損しますよ!

長野の管理薬剤師転職・求人コラム

管理薬剤師の転職は、求人選びで後の人生が大きく変わります。

 

単にネットで検索できる求人というのは、控えめなものが多いです。
その理由は、転職支援サイトは、非公開求人を抱えており、登録者のみ見れるようになっているからです。
非公開求人をいかに掴むかが転職や今後の人生を左右してきます。
必須サイトの情報は絶対逃さないで下さい。
各社違った求人を抱えているので、3社は見比べて求人を選ばないと良い求人を見逃している可能性が出てきます。
以下で紹介するサイトは全て完全無料ですので出来る限り多くの非公開求人を比較してみて下さい。

 

 

厚生労働省が行っている調査で、平成22年の薬局・医療施設(病院や診療所)に従事する人「人口10万対薬剤師の人数」というものがあり、
その数値は154.3人とされています。

 

つまり10万人当たり154.3人の薬剤師がいることになり、これが日本全体の平均の値です。

 

それと比較して長野県はどうでしょうか?

 

長野県は149.3人と全国平均の値からすると薬剤師の比率が少ない県ということがいえます。

 

また、長野市などの都市部の数値でも164.9人と他の都市に比べると比率が少ない結果が出ています。

 

 

では薬局の数はどうでしょうか?

 

長野県は2,144,256人(2012/10)で、全国第16位の人口を誇っています。

 

長野県内の薬局数は2009年のデータで862施設あり、全国的には18番目の数値です。

 

ちなみに全国平均で薬局は一県当たり1141施設となっており、長野県は平均を下回っています。

 

ただし、東京や大阪が圧倒的に多く、平均値を押し上げているので、あまり信頼ある数値ではないかもしれません。

 

長野県内1万人あたりの薬局数、つまり人口比率で見ると人口1万人当たり4.0施設で、全国28位です。

 

 

このデータから言えることは、薬剤師の比率の割に薬局がやや少なめの県であるということです。

 

そのため、全国平均や他府県との比較だと若干薬剤師の転職は厳しいかもしれません。

 

 

長野県内では県庁所在地の長野市、また松本市が大きな街で、それに続くのが上田市と飯田市。

 

佐久市と安曇野市も人口が10万人前後と長野県内では大きめの街です。

 

県内で大きな総合病院としては佐久市にある佐久市浅間総合病院、松本市は鈴木整形外科や永田眼科医院や信州大学医学部付属病院、長野市は小林医院MRI人間ドックセンターなどが有名です。

 

薬局では、カワチやウェルシアやXiasis、てらしま等が有名です。

 

長野県では自動車通勤が可能や、住宅手当・支援が出る求人もたくさんあります。

 

もし、上記の病院や薬局で管理薬剤師の転職をお考えでしたらエムスリーキャリアから探して頂ければ見つかる可能性が高いですので、よろしければ非公開求人を探してみて下さい。