管理薬剤師の求人を新潟で探すなら、オススメはココ♪

新潟の「管理薬剤師」を探すなら、見ないと損しますよ!

新潟の管理薬剤師転職・求人コラム

貴方の今後は、転職で大きく左右されます。

 

インターネットで検索すると、新潟県で薬剤師の求人数を350件ほど保有している転職支援サイトが沢山ありますが、インターネットで普通に検索できる求人というのは、あまり条件の良くない求人の場合が多いです。
なぜならば、転職支援サイトというのは大抵、非公開求人を抱えており、インターネットで検索しているだけでは表に出てこないのです。
そういった情報を如何に多く掴めるかが貴方の転職状況を左右するのです。
管理薬剤師で転職を考えるのであれば、外す事のできない必須の優良サイトを以下でご紹介しております。
ただ、全ての転職支援サイトで扱っている求人が同じということは無く、それぞれが違った求人を保有しているので、なるべく複数の非公開求人を見ないと、良い求人を比較して選ぶという事が出来ません。
全て無料で使えるので、出来るだけ多くの非公開求人の情報を取得すれば貴方の理想の求人はきっと見つかるでしょう。

 

 

新潟県内での薬剤師の転職状況は非常に売り手市場で、全国的に見ると他の県よりも転職しやすいという事がいえるでしょう。

 

その理由は以下でご説明します。

 

まず、新潟県は2012年のデータで人口は2,362,581人を抱え、日本で14番目に人口の多い県です。
さらには政令指定都市である新潟市もあります。

 

その新潟県で、薬剤師の方の多くが働く薬局の数はどれくらいあるのでしょうか?
2009年のデータでは、1,068施設あり、全国第14位の数があるそうです。
これは人口1万人あたり、4.50施設と、人口比率的に見ると第17位の数です。

 

ちなみに全国平均(総数/47都道府県)は、薬局1,141施設で、1万人あたり均4.29施設となっています。

 

つまり、この数値から考えると新潟県は人口も平均よりやや多い県なので、それと比例して、薬局数もやや多いといえます。

 

新潟県内ではウエルシアやプラーカファーマシーをはじめ、クスリのアオキ、コダマ薬局、ドラッグトップス、薬日本堂薬局、マツモトキヨシ、ドラッグマックスなどが多いので、普段見かける方も多いのではないでしょうか。

 

 

しかし、重要なのはここからです。

 

厚生労働省が出している「人口10万対薬局・医療施設従事薬剤師数」によると、平成22年のデータで、10万人あたりの薬剤師数は全国平均が154.3人に対して、新潟県は136.6人と圧倒的に少ないのです。

 

新潟市単体で見ると10万人あたり170.3人と全国平均を上回る数値となりますが、他の政令指定都市と比較するとそれほど多い数値とは言えない値です。

 

つまり、人口、薬局数などは平均より多いものの薬剤師数は少ない。

 

そのため、管理薬剤師の売り手市場となりやすい県だといえるのです。

 

 

以下に新潟県内の都市と病院を記載しておりますので、新潟県に詳しくない方は求人検索時にご利用下さい。
特にエムスリーキャリアで非公開求人を見て頂ければ、多くの地域で求人が見つかります。

 

新潟県は何といっても政令指定都市の新潟市が大きいです。
市内には東・西・南・北・中央区をはじめ、江南区、秋葉区、西蒲区の8区があります。

 

その他の大きな街としては長岡市や上越市が20万人規模の街で、三条市や新発田市、柏崎市が10万人規模となっています。

 

十日町の上村病院や、新潟県労災衛生医学協会十日町検診センター、長岡市の長岡赤十字病院、
新潟市のかえつクリニック、三条市の県央医師会応急診療所などが大きい総合病院となっていますので、上記から探してみて下さい。