管理薬剤師の求人を岡山で探すなら、オススメはココ♪

岡山の「管理薬剤師」を探すなら、見ないと損しますよ!

岡山の管理薬剤師転職・求人コラム

管理薬剤師の転職は、求人選びで人生が変わります。

 

インターネットでの検索や、ハローワークでも管理薬剤師の求人は見つかると思います。
しかし、転職支援サイトは優良な求人を非公開求人としているケースが多く、登録していない人は知る由もありません。
また、単に1サイト登録して大丈夫と思っている方もいらっしゃいますが、3サイトくらいは比較しなければ、各社それぞれ扱っている求人が異なりますので、より良い求人を見逃しているかもしれません。
下では完全無料で使えるサイトを特徴別にランキングしておりますので、ニーズに合った、なるべく多くのサイトの非公開求人を見比べるようにして下さい。

 

 

岡山県といえば桃や葡萄などで有名なので、ご存知の方も多いと思いますが、中国地方でも広島県に次ぐ人口の多い県で、その数は1940723人と、全国的に見ても21番目の数を誇っています。

 

県庁所在地は岡山市で、人口も岡山県内では岡山市がダントツ一番の約69万人となっています。

 

それに次ぐのが、倉敷市や津山市、総社市、玉野市といった地域が続いています。

 

岡山県内で大きな病院としては次のような病院があります。

 

倉敷市の川崎医科大学附属病院、倉敷中央病院は病床数1000を超える大きな病院です。

 

それに続く大きな病院としては岡山市内の北区には、河田病院、岡山医療センター、岡山済生会総合病院、岡山赤十字病院、旭川荘療育・医療センターと集中しています。

 

その他の地域では、岡山市南区の慈圭病院や、津山市の津山中央病院などが大き目の総合病院です。

 

口コミ人気の高い病院としては、倉敷市の川崎学園、南区の岡山赤十字病院、中区の高屋クリニック、北区のおおとも病院などがあります。

 

薬局はというと、ZAGZAG(ザグザグ)、スーパードラッグひまわり、ダイレックス、ドラッグセガミ、くすりのラブなどが人気です。

 

 

人口10万対薬局・医療施設従事薬剤師数という厚生労働省発表のデータによると、人口10万人あたりの薬剤師数は154.3人となっております。

 

しかし、地域別の数値として岡山県にスポットを当ててみてみると、県民10万人あたり148.7人と、平均に近いものの若干少なめという結果が出ています。

 

ちなみにこれは2010年のデータとなっております。

 

管理薬剤師の転職先として最も多い薬局(ドラッグストア含む)ですが、その数は全国平均で一県あたり1141施設となっております。

 

これに対して岡山県内の薬局は770施設と少なく、全国の順番としては、22位となっております。

 

また、人口1万人あたりの薬局数を見てみると、全国的には人口1万人あたり4.29施設あるのが平均の数値ですが、岡山県は3.96施設と少なく、全国で第32位です。

 

上記の事から岡山県というのは、人口あたりの薬剤師数も少ないが、薬局数も少ないと言えます。

 

しかしながら、人口あたりの薬剤師比は平均に近い数値に対して、薬局数はかなり下回っているため相対的に考えると岡山県は転職に若干不利な要素があるようです。

 

ただし、あくまで数値的な理由だけであり、岡山県だと薬剤師での転職が出来ないというわけではありません、エムスリーキャリアで非公開求人を探して頂ければ、見つかる可能性が非常に高いです。