管理薬剤師の求人を沖縄で探すなら、オススメはココ♪

沖縄の「管理薬剤師」を探すなら、見ないと損しますよ!

沖縄の管理薬剤師転職・求人コラム

沖縄の管理薬剤師転職は戦略次第で年収アップも可能!

 

ページ下部でも記載しますが、沖縄は他の県に比べると相対的に転職しやすい県のようです。
そのため、求人サイトを幾つか登録してみれば、理想の非公開求人に出会える可能性は高いです。
なのに、1サイトしか見ておらず、良い求人を見逃してしまったという事態だけは避けましょう。
全て登録しても登録・利用は無料なので、いくら使っても一切費用は掛かりません。
今後の人生を決める転職なので、「求人を見てなかった」では勿体無い話となっていまいます。

 

 

薬剤師人口を厚生労働省発表データの「人口10万対薬局・医療施設従事薬剤師数」から見てみると、
日本での薬剤師の平均は人口10万人当たり154.3人となっています(2010年末時)

 

これと比較してみると沖縄県では、10万人あたり119.7人と、圧倒的に人口あたりの薬剤師さんが少ない県なのです。

 

では、薬局や病院といった薬剤師さんの転職にかかせない職場はどのような状況でしょうか?

 

沖縄県に薬局(ドラッグストアなどを含む)が556施設あり(2009年データ)、全国平均(1県あたり)1141施設からすると半分程度の数しかありません。

 

しかしながら、この平均値は大都市部の異常に高い数値が平均値を押し上げているのであって、順番で見ると全国で第29番目とこちらは平均的な順位なのです。

 

さらに人口1万人あたりの薬局数は3.99施設と、全国平均の4.29施設をやや下回るものの、順位はこちらも29位と平均的な順位です。

 

つまり沖縄県は、薬剤師の数が他の県と比較して、少ないうえに薬局の数自体はそれほど少なくないと言う事がいえます。

 

なので沖縄県での管理薬剤師の転職で薬局を目指す方は、相対的に見ると他の県より転職しやすいと言えるでしょう。

 

では沖縄県内にはどのような病院や薬局があるでしょうか。

 

メジャーな病院・薬局について調べてみましたので、以下に一部をご紹介致します。

 

沖縄県の県庁所在地那覇市には沖縄赤十字病院があり、病院へのアクセスはモノレールの場合、ゆいレール「安里駅」が最寄り駅で、沖縄赤十字病院までは徒歩およそ15分程度です。

 

沖縄市には中頭病院があり琉球バス、巡回バスのご利用が便利です。

 

うるま市には、沖縄県立中部病院があります。
こちらは車やタクシーでのアクセスが便利です。

 

名護市では沖縄県立北部病院、豊見城市の豊見城中央病院は路線バスでのアクセスが便利です。

 

沖縄本島以外では、宮古島市の沖縄県立宮古病院や石垣市の沖縄県立八重山病院があります。
こちらへのアクセスはバス・タクシーなどになります。

 

それ以外の地域でも南風原町の沖縄県立南部医療センター・こども医療センターや、島尻郡の南部徳洲会病院、
中頭郡のハートライフ病院などが大きめです。

 

その他浦添市や、宜野湾市、糸満市などでも求人は出ています。

 

薬局として沖縄に多くあるのは、くすりグッドラックや、サウスウエストドラッグ、ふく薬局など。
他にも、ドラッグイレブンやダイコクドラッグ、マツモトキヨシなどチェーンドラッグストアも沢山あります。

 

沖縄県は首都圏ほど鉄道が多くないので、車やバスでの移動が多く、車通勤可の求人なども多くあります。

 

よろしければエムスリーキャリアで探してみて下さい。