製薬会社の転職で理想の求人を見つけよう(管理薬剤師)♪

製薬会社なら年収の高い求人も多数あります!

製薬会社の求人は、薬局などと比較するとやや少ないです。

 

ただし、薬局勤務の管理薬剤師と比較すると製薬会社勤務の方が年収の高い求人も多いです。

 

製薬会社は特にどの求人サイトでも、条件を絞っていくと数が少なくなってしまいます。

 

そのため、なるべく優良求人を沢山抱えている求人サイトを利用して転職する事が必須となってきます。

 

しかし、それだけでは、さらに良い条件の求人を見落としている可能性も高いため、よりよい条件の求人を探す手段としては、複数登録してみて、その中で最高の求人に応募するやり方が理想的です。

 

求人サイトの登録や利用はもちろん全て無料なので、二の足を踏んでその後、後悔するようなことが無いように、広く求人を見ておくことをオススメ致します。

 

製薬会社への転職をお勧めする理由

薬剤師の仕事を目指して努力している人にとって気になるのが、実際に働く職場です。

 

病気、薬局、ドラッグストア、企業等、様々な働き場所があります。

 

実際に仕事をするには国家資格が必要ですが、資格を取得したからといって安心できません。

 

その後の職場の選択が重要です。

 

薬剤師も会社員ですので、実際の勤め先によって待遇や人間関係等が異なります。

 

人によって就職、転職の際に重視する項目は異なりますが、待遇や人間関係は他の職種でも共通した要素と言えます。

 

そのため、自分の希望とかけ離れた職場に就職すると、長続きしない場合もあるようです。

 

実際に病院や薬局等に転職して入った後、待遇や人間関係等が原因で、数ヶ月で退社した人もいますので気を付けたいところです。

 

さて、人間関係はどの職場も共通していますが、待遇は職場によって差があります。

 

待遇を重要するのであれば、やはり製薬会社がお勧めです。

 

製薬会社は他の職場と比べ、待遇が良いといわれています。

 

薬剤師の平均的な年収は平均600万円程度といわれていますが、個人の病院等では400万円程度のところも少なくありません。

 

また将来は薬剤部長等、ある程度の役職に就かないと給与の増額は望めません。

 

製薬会社は待遇も良く、将来役所を目指す事も可能ですので給与の増額も期待できます。

 

そのため、転職で製薬会社を目指す人も少なくありません。

 

求人情報誌等にも製薬会社の募集は出ていますが、効率的に探したいのであれば、リクナビ薬剤師がお勧めです。

製薬会社への転職は実際のところ人気があります

薬剤師の転職先として知られているのが、調剤薬局や病院、ドラッグストア等ですが、その他にも製薬会社等の一般企業があります。

 

一般企業であれば昇進、昇格もありますので給料アップも期待できます。

 

最終的には部長、役員クラスも夢ではありません。

 

そのため、薬剤師を目指している人の中には、一般企業を就職先にする人も少なくありません。

 

製薬会社では薬の出荷の判定、副作用やクレーム等の対応を行います。

 

企業では調剤薬局と同じように、責任ある立場で働きます。

 

また働き方は工場と同じで、シフト制で勤務するところが多いようです。

 

土日祝は休みのところも多く、残業になる事もほとんどありません。

 

さらに交代制の会社と比べて有給休暇の申請もしやすく、他の会社のように土日に突然呼び出される心配もいりません。

 

転職先として製薬会社を希望する薬剤師も多く、その場合は求人情報等で募集を見つける事になります。

 

しかし、実際に募集しているのは病院や調剤薬局、ドラッグストアが多いので、企業を見つけるのは大変かもしれません。

 

また、最近話題のブラック企業も存在していますので、転職で求人を見つける時はその点もよく注意しておいてください。

 

製薬会社を見つける時は一般の求人誌でも構いませんが、インターネットを活用する方法もあります。

 

インターネット上にも様々な求人サイトがあり、また全国に求人が存在します。

 

その中でもリクナビ薬剤師がお勧めですので、一度アクセスして確認してみると良いでしょう。

製薬会社は管理薬剤師の活躍のフィールドが沢山ありますので、ここではその一部について触れてみたいと思います。

 

企業の薬事部門は、厚生労働省との連絡窓口を努め、承認許可制度など薬事法上の手続きに精通している必要があります。

 

医薬品製造所はGMPに適合していなければなりません。

 

GMPは、構造設備に関するハードの部分(薬局等の構造設備規制)と、製造管理や品質管理に関するソフトの部分から成ります。

 

製造所には管理薬剤師である管理者を置く必要があります。

 

特に生物由来製品を製造する場合は、管理者は医師、細菌学的知識を有するもので、厚生労働省の承認を受けた者でなければなりません。

 

医薬品の製造業者は製造所ごとに製造管理者の下に、製造部門と品質部門を置かなければなりません。

 

医薬品の製造業者は製造所の組織や、規模および業務の種類などに応じ適切な人数の責任者を配置しなければならないのです。
品質部門は、製造部門からは独立している必要があります。

 

研究職・開発職として研究所に勤務する場合、GLPを理解する必要があります。

 

いやう品の承認申請や、再審査、再評価などに用いる安全性に関する非臨床試験のうちで、毒性に関するものは、医薬品の安全性に関する非臨床試験の基準(GLP)に従って実施する必要があります。

 

GLPでの運営管理者は、「試験施設の運営および管理について責任を有する者」と定められています。

 

GLPでは試験成績の信頼性を確保するために運営管理者に対して組織を定めて試験手順を文書化することによって適正に試験を実施することを求めています。

 

運営責任者は、試験ごとに試験責任者を指名します。

 

また、試験がGLPに従って行われていることを保証する信頼性保証部門の責任者と資料保存施設管理責任者を任命します。

 

 

臨床開発部門について

 

医薬品の承認申請の四郎作成のために行われる臨床試験は、治験と呼ばれます。

 

治験は医薬品の臨床試験の実施基準(GCP)に従って行わなければなりません。

 

GCPの目的は被験者の保護とデータの信頼性の確保です。

 

被験者のh後に関しては治験審査委員会の設置の規定や、インフォームド・コンセントの規定があります。

 

製薬会社には「安全管理統括部門」という(呼び名は会社によって多少の相違はあります)がある場合が良くあります。

 

主な業務の一つに市販直後調査というものがあります。

 

製造販売者は、新医薬品などの販売を開始した後の6ヶ月間、診療における医薬品の適切な使用を促し、副作用の発生の迅速な把握の為、調査を行わなければなりません。

 

この調査の事を市販後調査といいます。

 

 

MRについて

 

製薬企業には医療機関や、薬局や、販売業者などから医薬品の適正な使用のため必要な情報を収集・提供しなければなりません。
この役割を果たすために中心となって活動するのが、医薬品情報担当者(Medical Representative : MR)です。

 

GPSPではMRについて、医薬品の適正な使用に資するために、医療機関を訪問することなどにより、安全管理情報を収集し提供することを主な業務としておくなうものと定義しています。