管理薬剤師の求人を栃木で探すなら、オススメはココ♪

栃木の「管理薬剤師」を探すなら、見ないと損しますよ!

栃木の管理薬剤師転職・求人コラム

管理薬剤師での年収アップは非公開求人の取得が肝です。

 

管理薬剤師の転職で年収アップや残業なし、休みが取りやすいなど理想の求人を見つけたいのであれば、単純なインターネットでの検索くらいでは見つかりません。

 

それは優良な求人というのは往々にして非公開求人であるためです。
非公開求人というのは転職支援サイト各社が、登録者にしか見せない求人の事で、表には出てきません。
なので、この情報を多く得た人が良い転職を見つけられるのは必然です。

 

以下に完全無料で利用出来て、さらに非公開求人を多く保有するサイトをランキングで紹介しています。
上から順に3つ登録して求人比較するだけでもかなりの情報量になるはずです。

 

 

薬局・医療施設(病院や診療所)に従事する人「人口10万対薬剤師の人数」というデータをご存知でしょうか?

 

これは厚生労働省が発表している調査結果なのですが、それによると人口10万人に対する薬剤師の数というのは154.3人いるそうです。

 

これを聞いて少ないと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、実際にはこれでも既に若干飽和気味の数値です。

 

 

では栃木県内の具体的な数値が気になるところですね。

 

上記の厚生労働省発表のデータによると栃木県は県民10万人あたりの薬剤師の数は134.3人とされています。

 

つまり栃木県は全国平均より薬剤師の比率が少ない地域だということが分かりますね。

 

このデータだけでは薬剤師の比率が少ないのであれば転職しやすいのでは?

 

という考えを持つ方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

では管理薬剤師の方の転職先として一番多い薬局はどの程度あるのでしょうか?

 

栃木県内に薬局は796施設(2009年データ)あります。

 

ちなみに全国平均は1141施設となっており、平均以下の全国21位です。

 

県民人口1万人あたりの薬局数は3.96施設となっています。

 

こちらも全国平均を大きく下回り30位。

 

47都道府県の単純平均は4.29施設となっております。

 

(ちなみに栃木県の人口は2012年10月現在で2,000,021人と200万人を超え、日本で第19位の人口数の県です。)

 

 

上記のデータから浮かび上がるのは、栃木県は薬剤師の数も少なめで、薬局の数についても少ないという事です。

 

その為、他の地域に比べて極端に転職しやすかったり、転職しづらいということはなさそうです。

 

 

以下では栃木県内で薬管理剤師の転職あたって主要な街・病院・薬局についてピックアップしてご紹介しますので、参考にしてみて下さい。

 

栃木県は前述の通り、人口が200万人を超える県で県庁所在地の宇都宮市は50万人規模の大都市です。

 

それに続く小山市、足利市、栃木市あたりも15万人前後の人口で栃木県内では大きめの街となっております。

 

栃木県内で大きめの病院としては下都賀郡の獨協医科大学病院、下野市の自治医科大学附属病院、宇都宮市の済生会宇都宮病院、足利市の足利赤十字病院、佐野市の佐野厚生総合病院などが有名です。

 

またウェルシア薬局、マツモトキヨシ、カワチ、ハニュウ薬局、ドラッグてらしま、けんこう薬局といった薬局が栃木県内には多いようです。

 

これらの病院や薬局についての求人をお考えでしたらエムスリーキャリアのサイトで非公開求人を見て頂ければ条件が良いですので、是非ご活用下さい。