管理薬剤師の求人を富山で探すなら、オススメはココ♪

富山の「管理薬剤師」を探すなら、見ないと損しますよ!

富山の管理薬剤師転職・求人コラム

富山の管理薬剤師転職は、情報収集が少ないと厳しいです。

 

ページ下部でも記載しておりますが、富山県は薬剤師の転職がやや難しい傾向にあります。

 

本気で年収アップなどを望むのであれば、情報収集を怠ってはいけません。
求人数が同じだからといって、サイト毎に扱う求人は異なりますし、優良な求人ほど、登録者にしか閲覧できない非公開求人です。
転職後の人生を思うならば、無料登録で二の足を踏んで求人情報を見逃すのは危険です。
複数の転職サイトを無料でフル活用して下さい。

 

 

富山県の管理薬剤師の転職状況は、やや難しい可能性が高いです。

 

厚生労働省が出している「人口10万対薬局・医療施設従事薬剤師数の年次推移,従業地による都道府県−指定都市・特別区・中核市(再掲)別」というデータがあるのをご存知でしょうか?

 

これはその名の通り、日本の人口10万人あたりで薬剤師さん(薬局・医療施設従事者)がどれくらいいるのかを示したデータです。

 

上記の資料によると薬剤師さんは人口10万人あたり154.3人いる計算になるそうです。

 

さらに、富山県単体でみてみると薬剤師さんは、10万人あたり141.3人と、比率が小さい事がわかります。
(平成22年12月データ)

 

つまり他の都道府県に比べて薬剤師さんの割合が少なめという事です。

 

しかし、別のデータで人口1万人あたりの薬局数というものがあります。
(平成21年のデータ)

 

これによると人口1万人あたり4.29施設あるのが平均となっております。

 

しかし富山市単体では、3.34施設と圧倒的に低い結果となっております。

 

ちなみにこの数値は全国で46番目で、下から2番目の割合です。

 

単純な薬局数で見ても富山県は365施設と全国44番目ですが、都道府県の平均は1141施設となっております。

 

つまり、富山県は他の都道府県と比較してみてみると、薬剤師の比率も少ないながら、薬局の数は格段に低いということが分かります。

 

上記の事から富山県は数の話で言うならば、管理薬剤師の転職は若干買い手市場と言えるでしょう。

 

 

しかし、薬局の数が少ないとはいえ、富山県内には沢山の良い薬局や病院が沢山ありますのでいくつかご紹介致します。

 

大きな総合病院としては富山市内に富山県立中央病院をはじめとして、富山市民病院や、富山赤十字病院、済生会富山病院があります。
富山市以外では高岡市に厚生連高岡病院、高岡市民病院、富山県済生会高岡病院が大きめです。

 

また、砺波市の市立砺波総合病院や、黒部市の黒部市民病院、滑川市の滑川病院なども大きな総合病院です。

 

口コミ人気の病院としては、射水市にある松本医院や、ひのき整形外科や、真生会富山病院、富山市の不二越病院、下新川郡朝日町にある、あさひ総合病院などが人気です。

 

薬局で言うとクスリのアオキや、くすりのロンをはじめ、池田屋安兵衛商店、ドラッグフジイ、シメノドラッグ、他にはV・drugや、チューリップなどが人気のようです。

 

上記の薬局や病院で求人をお探しでしたら、エムスリーキャリアのサイトで探して頂ければ見つかりやすいのでオススメです。